オレンジ・ヴォイス・ファクトリーってどんな会社?

東京で音楽業界の端くれにいた私はUターンで富山に帰ってきました。その当時、疲れ切った私を癒してくれたのは、富山で活躍する素晴らしいアーティスト達との出会いであり、彼らの歌でした。「地方からでも、何かを起こせるかもしれない」。そう思ったことがすべてのはじまりでした。

共同経営者となってくれたのは、メジャーレコード会社での勤務経験がある仲間。共に富山の音楽文化を活性化させ、地方発のアーティストを全国に発信していくことを目的に会社を設立しました。

最初に出会ったアーティストが「夕焼けのオレンジが好き」ということで、「オレンジ」という言葉を社名に取り入れました。「オレンジ」は元気なビタミンカラーをイメージさせます。「富山のビタミン剤として、アーティストと共に富山を活性化させる会社をつくろう」そんな思いから、オレンジ・ヴォイス・ファクトリーという社名が決まりました。

移り変わる時代の中で 様々なことにチャレンジ
「オレンジ・ヴォイス・ファクトリーが富山にあって良かった」
と皆さんに思っていただけるように

設立当初は、インディーズ アーティストのプロデュース、洋楽アーティストのコンサートの開催、富山での野外フェスの企画運営、オーディエンスとアーティストのコラボによるライブレコーディグ・リリースなどのオリジナル企画を行っていました。それまでの富山にはなかった新しいスタイルで、様々な音楽企画に取り組みました。

近年は様々なイベント事業にも携わり、活躍の場を広げています。企業の周年事業や、まちづくり事業、行政関連のイベントなど幅広いジャンルに渡り、次世代移動通信システムを活用したイベントや、持続可能な目標と達成を促進させる取り組みに関する催事にも携わり、刺激をもらいました。

めまぐるしく移り変わる時代の中で、様々なことにチャレンジしてきました。オレンジ・ヴォイス・ファクトリーが富山にあって良かったと皆さんに思っていただけるよう、これからも邁進します。

代表メッセージ

オレンジ・ヴォイス・ファクトリーのホームペーシにお越しいただき、ありがとうございます。代表の長井幸司です。当社はジャンルレスのイベント会社として、新しい道を歩んでいます。音楽、エンタメから、スポーツ、SP、展示会、フォーラムなど企画、制作、実施運営までをトータルでサポートしています。

私はイベント事業の核になるのは「人」だと考えています。プロジェクトがスタートするとき、最初に必ずあるのは、人の「想い」です。クライアントの皆さんと想いを共有しながら、実現したい「ヴィジョン」を叶えていくため、日々仕事をしています。

私は「ひらめき」「つながり」「エディターシップ」を大切にしています。人の感情を動かす仕事は、とてもやりがいがあります。これからも 年齢に負けず、新しさを取り入れて、常に変化していけるイベント会社を目指します。富山の新しいシーンをつくるため、走り続けます。

職種

営業企画

クライアントの思いを聞き、それを一緒に形にしていく仕事。

企画制作1

営業担当の指示で企画書を作成し、人・物・事の調整をする仕事。

企画制作2

きちんと段取りをつけながら“自分のやりたい”を実現する仕事。

会社情報

<沿革>

2006年
音楽業界経験者2名で、富山に新しい音楽文化を創造するこを目的に会社設立。
インディーズレーベル、コンサートを中心に事業をスタート。山崎雄弘・gravaのレコーディング、プロモート。フォープレイ、ドノバン・フランケンレイターなどの洋楽コンサートの企画。富山短期大学 大学祭などでアーティスト・キャスティング。富山クリエイティブ ヴォイス フェスティバルと称し、県民参加のライブレコーディングを実施。BBTスペシャルで放送。

2007年
富山で活動するアーティストの制作、プロモーションを手掛ける。ハニーグレイス プロジェクト等。クルセイダーズ、エイドリアン・ブリューなどの洋楽コンサートを企画。

2008年
富山の音楽シーンを盛り上げるため、富山の夏フェス「サマー ヴォイス カーニバル」を立ち上げ。インディーズ アーティストと、メジャー アーティストを融合させたフェスを、太閤山ランドにて開催。gravaメンバー、千葉はなが東京でつくったユニット「羊毛とおはな」を北陸でプロモート。宇奈月のPRソング、「蒼の世界」を制作。宇奈月セレネホールを使用し、STRINGSのレコーディングなど実施。宇奈月を中心に、黒部のPR映像も制作。    

2009年
フォルツア総曲輪にて、富山のまちなか活性化を目的に、マンスリーライブ「oravoの音楽」企画を立ち上げる。

2010年
富山市民プラザ主催「富山こすぷれフェスタ」スタート。
フォルツア総曲輪にて、夏フェス参加オーディション「オラディション」開催
最優秀のasia seasonのレコ−ディング、プロモートを実施。

2011年
音楽関連の事業以外に、まちづくり関連事業、イベント全般のプランニング、ディレクション、実施運営までトータルでプロデュースの仕事が増える。「みどりの愛護のつどい」 運営、「スポレク富山全国大会」タレントブッキング・舞台進行・運営、ものづくり総合見本市運営 NHK地デジキャンペーンなど

2012年
富山市民プラザ主催「ピーター・バラカンの音楽談義」スタート(※後に「大人の音楽談義」に変更)富山城址公園にて「ビートラム・ミュージック・フェスティバル」スタート ※キャスティング、舞台制作、進行

2013年
総曲輪通り商店街活性化イベント「総曲輪スイートストリート」を実施。千石町商店街映画「がんこもん」制作協力、北陸新幹線事業「なにもないちゃゼロ作戦」実施運営、富山の夏フェス「セイハローフェスティバル」にタイトル変更

2014年
富山県より「豊かな海づくり大会PR事業」「富山イクメンカジダンキャンペーン」受託、千石町商店街「4コマまんが総選挙」制作協力

2015年
パラシュート金沢、富山公演現地制作、ライブレコーディング制作協力

2016年
まちなか活性化イベント「アメイジングラン~はしるひとひかるひ」ブッキング、舞台進行

2017年
城址公園 音楽と食のフェス「TOYAMA米奏動」スタート ブッキング、進行、運営(※後にまちなかフード&ミュージックフェスおとめしに変更)

2018年
「ねんりんピック富山2018」運営

2019年
eスポーツイベント「Gamers Day 2019/5G Coliseum」、城址公園「クリスマスサウナパーク」、「次世代施設園芸フォーラム」運営・進行、新日本コンサルタント40周年記念パーティー企画、演出

他多数

<会社概要>

社名  :株式会社オレンジ・ヴォイス・ファクトリー
設立  :2006年5月1日
資本金 :600万円
社員数 :3名(2020年5月現在)
役員  :代表取締役社長 クリエイティブディレクター 長井幸司
代表取締役専務 中小企業診断士 越澤勝
事業内容:
(1)各種イベントの企画、制作 
(2)アーティスト・タレント・お笑い芸人・講演講師のキャスティング
(3)大学祭の企画・運営・ブッキング
(4)式典・フォーラムなどの企画・制作・運営
(5)音響業務・司会者の派遣
(6)野外・屋外コンサート、演劇、映画、講演の主催 及び 制作運営
(7)キャンペーン・イベント等のPR戦略プランニング
(8)企業の経営・広告宣伝・販売促進・マーケティング及びパブリシティに関するコンサルティング業

主要取引先:
【行政関連】富山県・富山市・富山商工会議所・富山市民プラザ
【広告会社】電通西日本・北陸博報堂・大広北陸・スカイインテック・日本エージェンシー
【媒 体 社】北日本新聞社・富山テレビ放送・北日本放送・チューリップテレビ・FMとやま
【  他  】北陸内大学・ANAクラウンプラザホテル・一般企業等

主要取引先銀行:北陸銀行本店・富山第一銀行ビジネスプラザ支店